2015年6月3日水曜日

GB250とアーシングと猫と

今日は朝から友人のバイク試乗についていくことにしていたので
待ち合わせ>合流>ホンダドリームへ

しかし店に着くなり

「ホンダのバイクなのに店と雰囲気が合わない」

と友人から辛辣なお言葉www
HONDAのDOHC単気筒エンジンだよ!似合わないわけがないよ!と思ったが 
この店には最新鋭の純正仕様」しか似合わないと無理やり納得させた(自分を


新車がいっぱいあったよ!当たり前だけど

友人はCBR650Fの試乗、エンジンをかけるとノーマルマフラーでもいい音がしております
試乗コースにはついていかず場内の喫煙所で一服、10分ほどで帰ってきた友人は
「とても良くできたバイク」だと楽しそうである

その後、もう一軒バイク屋さんを見てメシ食って解散したのが1時前くらい

特にやることも無いので、行きつけのバイク屋さんに向かい店に着くと
「不要なアーシングケーブルがある」と言うので譲ってもらう事に
これはきっとアーシングしろというお告げ

しかし譲ってもらったのはいいけども、峠にも行きたかったので
取り付けは後回しで山へ



野良猫のいる展望台へ、運良く2匹逢えたので猫写真を撮って
お店に戻ったのは15時くらい
そこからアーシングケーブルの取り付け作業開始(`・ω・´)


まず裸にひん剥いてやる
あとは取り回しを考えて長さ確認して取り付け




・キャブのインマニ
・セルモーター
・イグニッションコイルの取り付けボルト
以上3点からマイナスへ引っ張る

で、アーシングですが
結局「バッテリーのマイナスへ戻る電流を手助けするための専用線の追加」ですが
効果があるorないとはっきり意見が分かれ、オカルトあつかいされたり
・古い車両でアース線が劣化してると効果がある
・小排気量のバイクなら効果がある
・そんなに効果があるならメーカーがやってるだろ
・俺ウェイブメータで点火波形みたけど何も変わってないから効果ねぇよ

等々、まぁ揉める元であることに間違いはありません

ドレスアップとして付けるパターンもありますが
自分はチラリズムがいいと思う派なので
こんな感じになっております、ほとんど見えてねぇなぁ

結果「俺の」GB(20年物)では加速が良くなって低速トルクが上がってる感じ
プラシーボかも知れませんが本人は満足したので良しとします

0 件のコメント:

コメントを投稿