2015年7月7日火曜日

SONY A10シリーズを買ってみたのはいいけれど


とりあえず少し使ってみた感想
A16にZH-BX700-CD+Comply Tx-200の環境でipodから乗り換え組

自分はハイレゾとかどうでもいいんで
「圧縮音源を大量に持ち運べる物理キーのプレイヤーで
コンパクトで音質がある程度良ければいい」っていう条件で購入


音は旧型ipodnanoに比べたら圧勝
iphone5あたりだったらこっちのがぜんぜん上


音質設定変更無しでの感想は
音場は以前とあまり変わらない、音の分離は良い感じ、高音の細かさすげぇ
中音がちょっとひっこんでる感じがするといったところ

あとはイコライザでちょっと調整したら完了なレベル
圧縮音源のアップスケーリング機能「DSEE HX」は今の所使ってない
しかしイコライザをいじれるのはやっぱり強いなぁ
調整できる周波数帯がアレなのはお察しですが、そこは入門機だし仕方ない

安いし

ipodは固定のプリセットしかないのが辛かった、曲によって変えるのも手間ですし・・・

-----------------------ここまで褒めた-----------------------

まぁ問題もあるわけでして

MedisGoとかいう専用ソフトがクッソ使いにくいうえ
アルバムアートの仕様がipodとは違うもんだから
表示されないものがちらほら、タグ打ち直しでどうとでもなるんだけど・・・
MediaGo上ではアルバムアートが表示されるので
曲名をいちいち覚えておいて、タグ打ち直しというめんどくささ

曲聴いてるうちはアルバムアート見ることはほとんどないけども
気になるっちゃ気になる・・・

あと何も知らずに使うと転送遅い、マジ遅い、俺の仕事くらい遅い
3GBのデータ転送するのに1時間越えた、ほんと遅い、なにこれ
いろいろ調べて解決したからいいものの・・・買ってから使うまで1日かかるかと思った

他ではプレイリストを本体で作れない

プレイリストに頼る私としましては
「使いにくい専用アプリでリスト作って転送」とかマジ無理
「SDカードと本体メモリを跨ぐプレイリストは作れない」と言う条件もあって
「それぞれのメモリにどのアーティストの曲を入れるか?」って所からスタート
ほんと地獄、どの地獄かっていったら摩訶鉢特摩くらい

全身から血が吹き出そうな地獄

ああ、ClearAudio+とかいう機能もあるけど「これ誰が使うの?音悪くしてない?」
と言う感想しかなかった、ほんと何のためにあるんだこれ


本体の使いにくさは特に無い、いつもアーティストかプレイリストで再生だし
おまかせチャンネルとかいう時間帯やムードに合わせて
勝手に選曲してくれる機能もあるのでとくに問題ないです

-----------------------ここまで貶した-----------------------

アプリの使いにくさが許容できる、もしくは自分で何とかできて
音質がそこそこ良くてそこそこコンパクト
物理キーの容量でかいプレイヤーが欲しいなら
選択肢としてありじゃないかと

一番の問題は
誰に向けてこんな記事書いたのか自分でもわからない所っていう

0 件のコメント:

コメントを投稿