2015年11月2日月曜日

OLYMPUS EVF VF-4 & 中華アルカスイス互換L型ブラケットのテスト

すっかり夜型になってしまいました、まえからだけど

そんな感じです

先日撮った写真を見て「あの場所で撮りたい」という友人がいたので
もう一度行ってきた

新しい装備を持って・・・

EVFとLブラケット装着、ちょっとごつい。これデザイン的に賛否両論だけど俺は好きだなぁ。
・EVF VF-4
・E-PL6専用 アルカスイス互換 L型ブラケット

縦で撮るときもバランスの取れるL型ブラケットに加え
46万ドットの液晶から236万ドット視野率100%の電子ビューファインダー

縦位置撮影が楽、なんでもっと早く使わなかったんだというほど楽
雲台を横位置に倒せるようセットして水平出して三脚のバランス気にしたりとか
もう無縁の環境になった、まぁ中華の安物ですが(´・ω・`)
それでもバッテリーとかSDカードにつけたままアクセス可能な優れもの。
とはいえグリップがデカすぎるので加工予定

EVFはAFを信用できなくなったのとピーキング機能ないから手に入れた
今回の撮影でピント外す事が軽減、暗いとことか微妙にずれてるのが多かったので
減っただけでもありがたい。
性能はO-MD E-M1内蔵と同じEVFだそうな。E-M10が144万ドットなので
必要十分というか俺にそもそもそこまで必要なのかという状態に

EVF内でいつも使ってるメニュー一覧も見れるので、慣れたら操作性は全く損なわれなかった

で、撮ってきたのがこちら
 
E-PL6 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 ISO100 f2.8 SS 2” 

E-PL6 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 ISO400 f1.8 SS 1/15 
E-PL6 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 ISO100 f1.8 SS 1.6” 
E-PL6 M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 ISO100 f2.8 SS 2” 

E-PL6 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F5.6 ISO400 f1.8 SS 1.3”


うん、良し悪しがよくわからない
まぁ自分が気に入ってればいいんだけども

これでカメラの装備は一通り終了した
明日からも頑張って仕事しよう、明後日休みだし

0 件のコメント:

コメントを投稿